LINE TEL

お腹を温めて腰痛改善 温活生活 | 尼崎の整骨院ならたろう鍼灸整骨院 |阪神尼崎・出屋敷

お問い合わせはこちら
LINEお問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > お腹を温めてむくみ解消、免疫力アップ - たろう鍼灸整骨院の記事一覧

お腹を温めて腰痛改善 温活生活

2021.11.27 | Category: 東洋医学,温活

こんにちは。たろう院院長の宮野です。

急に寒さが厳しくなりましたが、体調崩されていませんか?

最近、当院でも寒さの為か、腰の痛みやお腹が冷えると

言われる方が多くなりましたが皆さんは大丈夫でしょうか?

そこで、今回はお腹の冷えがどの様に腰痛に関係するか

についてお話したいと思います。

 

まずは 「お腹が冷える理由 」として

一般的にお腹の冷えは内臓の冷えが原因と考えられています。

特にお臍を中心に、お腹の周りには腸や膀胱、女性では卵巣や

子宮などが存在していることから、これらの臓器の活動状態を

反映している可能性があります。

体の中心にある腸は、全身の熱を生み出す役割も担っている

器官であり、内臓が冷えることで体の様々な不調につながります。

 

肩こり・片頭痛・不眠・食欲不振などの症状が出て、免疫機能が低下します。

消化不良や下痢を起こしやすくなったり、代謝の低下から

内臓脂肪がつきやすくなったりすることもあります。

なので、お腹を温めて免疫機能を上げることが重要なんです

 

次に腰痛との関係ですが

内臓の冷えが、お腹の反対側である腰の血流にも関係しているからなのです

 

こんな情報も

他にも自分で出来る簡単なお腹の温め方は腹巻がおすすめです!

腹巻でお腹を温めて得られる意外な効果として、下記の5つがあります。

1. ダイエット効果
2. 肌荒れ予防
3. 不眠の改善
4. むくみ解消
5. 免疫力アップ

今はおしゃれな腹巻もあるので一度試してください。

 

最後に生活の中にワンポイントアドバイス!

食事でも身体を冷やす食べ物、温める食べ物がありますが

一般的には白い食べ物は身体を冷やし・黒や根っこのものは

身体を温めます。

 

 

現在は季節に関係なく食べることができますが、旬の食べ物を意識してみて下さい。

ちなみに、今が旬の食べ物ですが

「たら、牡蠣、あんこう、小松菜、野沢菜、芽キャベツ、みかん、ゆずなどです」

お鍋などすると美味しそうな具材が多いですね

これから冬本番です、お腹をしっかり温めて身体を冷やさないようにしましょう。

 

 

たろう院でお腹を温める治療を温灸などを使い行なっています。

何か体調がおかしいなと思ったら、お気軽にご相談ください。

温灸の無料お試しも行っております。

15分 ¥500 匂い・煙も少ない温灸

 

尼崎の整骨院なら実績NO.1のたろう鍼灸整骨院 |阪神尼崎・出屋敷 (taro-seikotsu.com)